top of page

小学校の総合学習にてチョークアートの授業を実施いたしました(横浜市立大岡小学校)



2023年9月に横浜市にある横浜市立大岡小学校にて

チョークアートの課外授業を先日実施してきました。


5年生の総合学習の一環で「地域の魅力を伝えるチョークアート」をテーマに

生徒達独自にチョークアートの探求と実践を1年間掛けて取組んでいるそうで、

生徒達がチョークアートを調べる過程で僕たちの取り組みを発見いただき、

この度担任の先生からチョークアートの講義のご依頼をお受けしました。


始まりはチョークで先生が黒板にイラストを描いたのがきっかけに、

生徒達のチョークアートへの関心が高まったそうで、

実際に学校のチョークを使い屋上で路上チョークアートを楽しんだ体験を通して、

体感して気付いたチョークの特性、実体験から発見したチョークの魅力を皆で共有しました。


そして、チョークアートの可能性について自分達で定義し、

「自分たちの住む地域の魅力を伝えるためにチョークアート看板を描く!」

というテーマで立てて1年間の取組がスタートしたそうです。


そして授業の本番当日。

プロデューサーの山田が先生として登壇しました。


子ども達の熱い眼差しをひしひし感じる中で約2時間の授業を行いました。


序盤はチョークアートの歴史から現在に至るまで

チョークアートの魅力やアナログならではの良さを。

そして僕たちの取組みの話から始まって子ども達の質問コーナーへ。


すると、次々から次へと質問が止め処なく続き、

子ども達のチョークアートに対する凄まじい熱意に

一つ一つ丁寧に応える山田の表情にも笑顔が満ち溢れていました。


後半は実際にオイルパステルを使い黒板で実演をしたり、

教室の黒板でオムライスの描き方を白墨で学んだりと。

チョークアートの技能も学べる有意義な時間となりました。


最後に代表の生徒からお礼の一言。


自分たちのこれまで取り組んできた事業の意義について

改めて深く鑑みることができたとても貴重な機会となりました。


心より感謝いたしております。


この機会が子ども達の総合学習を充実させて

10年後、僕らの事業で関わる子が一人でも輩出されたら嬉しいなと心底感じました。



◆授業前半の様子

チョークアートの歴史から現在に至るまで

チョークアートの魅力やアナログならではの良さを。

そして僕たちの取組みの話から始まって子ども達の質問コーナーへ。





◆授業後半の様子

後半は実際にオイルパステルを使い黒板で実演をしたり、

教室の黒板でオムライスの描き方を白墨で学んだりと。

チョークアートの技能も学べる時間に。






◆最後の代表生徒の挨拶







◆子ども達の調べたチョークアートの研究結果


Comentarios


bottom of page